着物大好きblog

着物大好き!着物の魅力や歴史、コーディネートなどをお伝えしていきたいと思います。

初心者さん向け!着物の着方について

こんにちは。

今回は着物の着方についてお話してみたいと思います。

 

といっても、今の大いなるネット大公開時代(誤字そのままにしてみました笑)、「着物 着方」で調べたらそれこそごまんと情報はあります。

しかも動画つきとかで見られますよね。

 

ということで、詳しい着方はそちらの素晴らしい大手様にお任せすることにして(笑)、このブログでは、着物初心者さん向けに簡単な流れや、コツ、必要な道具などについて書いてみますね。

 

コレさえあればOK! 

f:id:kimonolover:20170129144513j:plain

ジャーーン!

お見苦しかったら申し訳ありません。

こちら私の私物です^^。

 

着物は、洋服と違って着物単体だけあっても着られません。

正確に言えば、着られるは着られますが、そのままにしておくと着崩れてぐちゃぐちゃになっちゃうことがほとんど。

なので、着物を着るときには色々と秘密道具が必要なのです!

 

こういう点が「着物着るのはハードルが高いなぁ~」と感じられる一因かもしれませんが、慣れちゃえばなんともありません!

感覚としては、洋服のブラジャーやベルト、ストッキングなんかと一緒です。

 

<絶対必要>

・着物本体

・帯

肌襦袢

長襦袢or二部式長襦袢

・腰紐2~3本

・足袋

 

<まあ必要>

・コーリンベルト

・伊達締め2本

・襟芯

 

<なくてもまあ着られる>

・帯板

・帯枕

帯揚

帯締め

・和装用ブラジャーorスポーツブラ

・フェイスタオル(補正用)

 

<あると便利!>

・衣装敷

・着物ハンガー

f:id:kimonolover:20170129144918j:plain

 ↑

こういうやつです。

衣装敷は着物を着るときや畳むときに下に敷くもので、広げると畳1~2畳分くらいになります。

着物が汚れたり傷んだりするのを防ぐためのものです。

 

着物を着るときの流れ

 着物を着る際の簡単な流れをご紹介します。

  1. 前日に準備
  2. 足袋を履く
  3. 肌襦袢を着る
  4. 長襦袢を着る
  5. 着物を着る
  6. 帯を締める
  7. 完成!

 

1. 前日に準備

翌日に着る着物や小物を準備しておきます。

とくに着物は、着物ハンガーにかけて室内干しをしておくとなお良いです。

畳んで仕舞っていたときに発生した匂いやシワを取ることができます。

 

 2. 衣装敷を敷き、足袋を履く

ポイントは着付ける前に足袋を履くこと

着付けた後に足袋を履くと着崩れを起こしやすくなるからです。

 

3. 肌襦袢を着る

f:id:kimonolover:20170129153323j:plain

肌襦袢は、洋服でいうところの下着ですね。汗や皮脂汚れを吸い取る役割があります。

あれば和装用のブラジャーを着け(なければスポーツブラで代用、もしくは着けない)、肌襦袢を着ます。

補正が必要な場合はここでしましょう。

※補正については後述します。

 

4. 長襦袢を着る

f:id:kimonolover:20170129153418j:plain

長襦袢を着るときは「襟芯」「腰紐」「伊達締め」が一緒に必要になります。

 

小さい着物みたいなイメージですね。これも着物の下着ですが、肌襦袢と異なり、こちらは着物を着たときもちらっと見えることがあるものです。

なので柄が可愛いものや少し派手なものもあります。

 

私は真っ赤な長襦袢は遊女のイメージがあります^^;(画像は祖母から譲り受けたもの)。

 

また、現在は長襦袢ではなく二部式長襦袢というものもあります。

f:id:kimonolover:20170129153557j:plain

長襦袢セパレートにした感じですね。

こちらは着崩れしにくく、また着付けやすいので初心者さん向きです。

 

5. 着物を着る

f:id:kimonolover:20170129165131j:plain

長襦袢まで着たら、本命の登場!

着物を着るときは、「腰紐」「伊達締め」(あれば「コーリンベルト」も)が必要です。

 

腰紐を使っておはしょりを作り、形を整えます。

整えた形をキープするために伊達締めとコーリンベルトを使います。

コーリンベルトを使うときは、半襟がきれいに見えるように調節しましょう。

 

ここまできたら、完成まであとちょっと!

 

6. 帯を締める

f:id:kimonolover:20170129165217j:plain

 

帯を締めるときは帯揚げ」「帯締め」「帯枕」「帯板」が必要になります。

ただ、帯だけあれば充分の場合もあります。半幅帯を締める場合がそうですね。

 

f:id:kimonolover:20170129164441j:plain

 こちらが半幅帯。

浴衣や普段着の着物のときに締める帯です。

 

7. 完成!

帯の形を整えたら完成です!

必要であれば羽織等を着ましょう。

 

慣れればここまで15~30分で着られるようになります。

 

 

着付けのコツ

きれいに着るコツ…。

 

それは、肌襦袢長襦袢を丁寧に着る”こと!!!

 

これ、鉄則です。

 

肌襦袢長襦袢さえきれいに着付けられていれば、その上に着ている着物が着崩れてもすぐに直せます。

ですが、土台の襦袢がしっかりしていない場合、一回着崩れを起こすと手が着けられないことに…。

 

どんなに急いでいても、襦袢だけは丁寧に着付けましょう。

 

補正について

 

 

「着物は寸胴の方が似合う」

 

これ、本当です(笑)。

着物の形が筒型なので、身体の凹凸がない方がきれいに着付けられるのです^^;。

ということで、ナイスバディの方は補正をした方が着物姿は美しくなります。

 

補正専門の道具もあるので、必要な方は見てみましょう。

残念なことに、私はそこまで補正が必要なナイスバディではなかったので、補正用品を持っていません。ですが、道具を使わない簡単な補正方法なら知っていますので、そちらをご紹介いたしますね。

 

f:id:kimonolover:20170129164213j:plain

はい、これです。

どこにでもあるフェイスタオルですね。

画像のように、縦に半分に折って使います。

 

私はお尻が大きめで、くびれが出てしまうタイプだったので、このタオルを2枚ほどくるくる~とお尻の上(くびれが出来るあたり)に巻いて補正しています。

 

補正道具を買うほどじゃないけど、凹凸をなくしたい場合はお試しあれ♪

 

初心者さん向け簡単な着付け

 

 

「こんなに道具を揃えられないよ~!!」

 

そんな方は、簡単な着付けから入りましょう。

浴衣なんかが良い例ですね。

まずは浴衣で着付けの練習をしてから、着物に挑戦しても良いかと思います。

基本の着方は同じですので。

 

浴衣じゃ満足できない、着物が良い!

そんな方は普段着用の着物から入りましょう。

先ほど紹介した半幅帯を使った着付けです。

 

これは浴衣と同じ帯なので、「帯揚げ」「帯締め」「帯枕」「帯板」なしでも着られます。

もちろん飾りとして「帯揚げ」「帯締め」をして、本格着物っぽく見せることも可能です。

私は着物初心者の頃、よく半幅帯に帯揚げ・帯締めをして、“ちゃっかり本格派”にして着ていました(笑)。

 

とりあえず着物を着て外出に慣れることが、着付け上達への一番の近道です!

ぜひ着物を着て出掛けてみましょう♪