着物大好きblog

着物大好き!着物の魅力や歴史、コーディネートなどをお伝えしていきたいと思います。

袷のルール、どこまで守る?

f:id:kimonolover:20170504182432j:plain

5月になりましたね!日に日に暖かくなってきて嬉しい限りです。

これくらいの気候がちょうど良いのですが・・・そんな願いも虚しく、これからどんどん暑くなってくるんですよねぇ(苦笑)。

 

暑さは着物で生活する上で最大の障害と言っても過言ではありません!

今回は、「袷の着物をいつまで着るか、単衣の着物をいつから着るか」について考えてみたいと思います。

【目次】

着物と四季

日本の特徴である四季。季節の移り変わりに合わせて、着るものも変化します。

冬は厚手のセーター、夏は涼しげなノースリーブ、といったように洋服は様々な形状・材質があります。

 

しかし着物には、洋服のように袖の長さが変化するといった、形の変化はありません

着物は素材が変化するだけの衣替えです。

着物は季節の変化に合わせて「袷(あわせ)」・「単衣(ひとえ)」・「薄物(うすもの)」の3つがあります。

 

袷とは???

簡単に言うと、裏地が付いている着物が「袷(あわせ)」、ない着物が「単衣(ひとえ)」です。

一番目につきやすい裏地は「八掛」部分ですね。f:id:kimonolover:20170510154452j:plain

                       参照:http://ichiri-mall.jp/ap/prdXA07000000.html

上の図の赤い丸部分が八掛です。

歩いた時や階段を上るときなどにちらっと見えます。

 

着物というとほとんどはこの袷になります。単衣より厚手で、10月から5月までと最も長期間着ることが出来る着物です。

単衣とは???

上述の通り、袷の裏地がないバージョンです。基本的に単衣は袷と同じ生地で作られているので、パッと見、袷との違いはそこまで分からないかもしれません。

袷より薄手なので、季節の変わり目の6月や9月に着る着物です。

 

また、ウール生地や木綿生地の着物は基本的に全て単衣です。

ウール生地は袷と同じ時期、木綿生地は単衣と同じ時期に着ることができます。

薄物とは???

袷や単衣と異なり、明らかに材質が異なるのが「薄物(うすもの)」です。

文字通り、とても薄くほとんどが透ける素材でできています。いわゆる夏着物と呼ばれるものですね。

生地として「絽(ろ)」「紗(しゃ)」などが一般的に挙げられます。

盛夏の時期、7月から8月に活躍する着物です。

 

袷をいつまで着るか問題

 基本的に「単衣は6月から着るもの」という認識です。

ですが。ですが。。。

5月って結構暑いですよね・・・??!( ;∀;)この間も暑くてびっくりしました。。。

 

ここで当初問題提起した「袷の着物をいつまで着るか、単衣の着物をいつから着るか」に立ち戻りましょう。

 

私なりのこの答えは・・・

 

暑い日は暦前倒しで!!!

 

です。

5月は初夏並に暑い日もあります。そんな日に袷なんて見た目にも涼しくないですもん。構わず単衣を着ちゃいましょう!!

6月でも暑い日は絽や紗の夏着物を着ちゃって良いと思います。

 

あと問題は9月ですね。残暑厳しいというか、最近の日本の9月は完全に夏だと思うのは私だけでしょうか?

単衣なんてあっつくて着ていられません←

無理無理、熱中症で死んじゃいます。

 

とまあ、ずぼらな私が言うとかなりだらしなく聞こえてしまうかもしれませんが、「絶対これ!!!」な~んていうガチガチのルールはないので、自分の体感を信じて着るべき着物を選びましょう。

 まとめ

・袷:10月~5月に着る裏地のある着物。

・単衣:6月・9月に着る裏地のない着物。

・薄物:7月~8月に着る透ける着物。夏着物。

 

フォーマルなシーンはさておき、カジュアルなお出かけなら、自分の体質(暑がりや寒がりなど)やその日の気候に合わせて、好きに着てしまおう!というのが私の持論です。

ていうか、前回の記事でも書きましたが、着物って別に”特別なもの”じゃないんですよね。一昔前まで普段着だったわけですし。

時代やら気候やら体質やらに合わせて、自分にとって楽しく着られれば、それで良いんじゃないでしょうか。

着物はルールが厳しそう・・・というイメージもありますが、ルールが先にできたわけではないですしね。

生活習慣に合わせて着ていくうちに、自然とその形式に沿うようにできたのがルールです。着ていくうちに、きっと自分の中での「着物ルール」ができると思います。

 

そんな自分の声に耳を傾けて、臨機応変楽に(ずぼらにとって最重要。笑)着物ライフを楽しみましょう(*^^)v